スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

特攻の島


疲れた時、 気分転換したい時、無性に漫画を読みたくなる時がある。
古本屋でまとめ買いをしたり、コツコツ新刊を買い続けたり。

『特攻の島』

「海猿」「ブラックジャックによろしく」等で有名な、佐藤秀峰氏の作品。
ほんの数十年前に我が国に実在した、『回天』についての漫画だ。

『回天』とは、魚雷にむりやり人を乗せるスペースを設けた特攻兵器。
つまりは、爆弾の中に人間が搭乗し、敵艦に突っ込むという片道専用機だ。

どこか美化して語られることもあるゼロ戦特攻隊とは異なり、
闇に葬り去られてるかのような、この水中特攻兵器 『回天』。

まともな操舵性もなく、ただ海中の闇を突っ切っていった若者たちは、
間違いなく、今の自分よりはるかに若かった。

彼らは、“お国のため”“愛する家族のため”と叫び、散っていったはず。
それはある意味で、現代の僕たちを思って征ったことに等しく近い。

とーちゃん、かーちゃん、じーちゃん、ばーちゃん、もっとその上、
こどもたち、まごたち、ひまごたち、もっともっとその下。

後世に残せる仕事をしたい。次の世代につなげる仕事をしたい。


【株式会社禾の人オフィシャルサイトはこちら】
http://www.kanoto.co.jp/

第2回 農商工連携フォーラムinおおさか

第2回 農商工連携フォーラムinおおさか

日程: 2012年3月22日(木) 13:00〜17:00
場所: 大阪商工会議所
内容: 第1部 ビジネス提案発表会、第2部 展示交流会
主催: 大阪商工会議所

当イベントでは、企画全体への協力と、当日の司会・
コーディネートを担当させていただきます。

直前のご案内となりましたが、ご関心のある方はぜひ!
イベントの詳細はこちらをご覧ください。

大阪商工会議所HP「農商工連携フォーラムinおおさか」

※ 以下は、昨年の第1回フォーラム交流会時の写真です。

明日は奈良でお勉強
  

明日は奈良で研修の受講です。

日本施設園芸協会さん主催 「加工・業務用野菜産地指導者研修」。

以前にもこのブログで触れたことがありますが、一見マニアックなようで、
実際にもある意味でマニアック(笑)。しかし、実務的で僕は好きです。

この研修は過去にも何度か受講していますが、毎回新たな気づきが。
きっと、自分の置かれている状況や思考サイクルとのタイミングで、
過去と同じことを聞いたとしても、異なる角度から自分に入ってくるのでしょう。

明日は、大変お世話になっている方も講師側として来られます。
研修後、また鍛えられるのではないか・・・。怖いような嬉しいような(笑)。

今日も、新規で商談に行ってきました。
来期4月以降のスタートダッシュに向けて頑張ります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そうそう、写真は何の意味もありません。あえて言えば、
僕の明日の冷や汗を象徴しているとしておきましょうか・・・^^;)


【株式会社禾の人オフィシャルサイトはこちら】
http://www.kanoto.co.jp/
【出展】 アグリフードEXPO大阪2012
 

2月14日〜15日、アグリフードEXPO大阪に出展いたします。
⇒【アグリフードEXPO大阪2012公式HP

これまで過去2回、禾の人独自ブースとして出展していましたが、
今年は少し趣向を変えて、大阪の期待の若手生産者たちと共同出展。

ブースの装飾としては禾の人はほとんど目立たないと思いますが、
いつもどおり多くの方とご挨拶していきたいと考えています。

直前のお知らせとなりましたが、ぜひご来場ください。
目指すブースは「大阪府4Hクラブ連絡協議会&禾の人」です!!

今年もよろしくお願いいたします。

    

【株式会社禾の人オフィシャルサイトはこちら】
http://www.kanoto.co.jp/news/000036.html

【御礼】 ALIC 加工・業務用野菜産地と実需者との交流会
 

2012年2月3日、第18回 加工・業務用野菜産地と実需者との交流会in東京に出展し、たくさんの来場者様、出展者様とご挨拶させていただきました。

自らが出展するという意味では、初めての東京でのイベントでしたが、具体的な投げかけをして下さる来場者様も多く、非常に有益な機会でした。

当日、禾の人ブースにお立ち寄りいただいた皆様、ご挨拶させていただいた出展者様、そして、貴重な機会を与えて下さったALIC(独立行政法人 農畜産業振興機構)様、本当にありがとうございました。

【株式会社禾の人オフィシャルサイトはこちら】
http://www.kanoto.co.jp/news/event/000035.html

アナログな男

  

さて、久しぶりにしか書かないブログなのに全くの脱線を。

この写真を見て、何かすぐに分かった方は相当にアナログ?
いやいや、ある一定以上の世代には分かるかな(笑)。

そう、これは真空管。
オーディオや楽器好きの人には馴染み深いかもしれませんね。

最近、自分のアナログ主義?単なる懐古趣味?が進んでるのか、
なんだか古いものに愛着を感じる性分により一層の進行が。

これは、エレキギターのアンプやアナログオーディオなどに
装着して使用するものです。
主にアンプの音質を左右する機能に影響するパーツですが、
70年代のギターアンプを買ったら、70年代の真空管でした。

アンプ自体の程度も良く、音もそんなにヘタった感じもしないので、
おそらく製作当時のスペックのまま、大切に使われたのでしょう。

手持ちのトランジスタのアンプと比べて、最大出力は小さいのに、
音の「奥行き感」というか、「音圧」は、体感的にはデカイです。
それでいて、トランジスタほど耳にキンキンしないような気が。

アンプの回路もデジタル部はないので、ホンマのアナログ。
なんか意味もなくエエ感じです(笑)。


あ、ギターやらない人には全く分からん記事ですね、今回。
っていうか、農業の「の」もない。ま、そんな時もあるか(苦笑)。

企業の農業参入とその行方

   

「企業の農業参入とその行方」

不定期連載の3回目。
ちょうど2年ほど前に前回のコンテンツを書いたようだ。

なんという適当な連載。
しかし、このテーマは重要だ。
さらに言うと、2年前とは社会状況も僕自身の考えも異なる。

**************************************

8/14の日経新聞に、次のような記事が出ていた。

『関西スーパー 米カリフォルニアの農場に30%出資』

新聞に公開されている内容なので、ざっと概要を見てみる。

・投資額は1億円程度で、対象会社の株式を30%保有
・相場の影響を受けず、野菜の安定調達先を確保する目的
・現地法人は日本人が経営をし、肉牛や野菜等を生産
・現地での加工施設を建設し、1次加工品として輸入 等々

今日はこれについて何も意見は書かないし、異論もない。

ただ一つ言えるのは、今後こういった流れは加速するはず。
そして、日本国内の農業は、より『経営』が必要になる。

農家さん、農業関連の皆さん、うかうかしてられないですよ。
そう、この僕こそも、全くもってうかうかしてられない。

**************************************

写真と本文は関係ありません。念のため。

ちょいと臨時の更新
  
 
いやはや、気がつけば、随分と更新してないじゃないですか。

イカンですね、何より広告記事が表示されてしまってて腹立つので、
ちょいと臨時の更新です(苦笑)。

3月の震災や原発の事故以来、自分も含め、色々な部分で、
世の中の価値観に少しずつ変化が起きはじめているように思います。

が、人間も所詮はただの生き物。

「愛する者と安全な場所、そして安心できる食べ物さえあれば、
ちゃんと生きてける。」「でも逆に、それが無ければどうにもならない。」

ここしばらくは、その根源的な真理(少なくとも僕にとって)を再確認する
数ヶ月だったように思います。


さてさて、ちょっと崩れていた様々なペースを立て直していきますよ。
またネジ巻き直していきます。今後ともよろしくお願いいたします。

カノト1号
北埜 修司
ドカドカうるさい農業ベンチャー
  

この大混乱の中、それでも桜は咲いている。
ますます先の読めない局面で、気がつきゃ禾の人も4期目突入。

ハタチの頃にぼんやり描いた起業という夢は果たしました。
でも、そんな夢には何の意味もなかった。
起業は夢の対象でなく、夢を実現するための手段でしかない。

禾の人創業の時、30年後の日本を想像してみました。
そして今、思いもよらない形で、まさかの想定外つづきで、
違う引き金を引かれてしまったこの国。本当にマズイですよ。

企業経営という視点だけでなく、己の生き様として、
これからの数十年のあり方を決める時が来たように思います。

もしかして、禾の人は今までおとなし過ぎたかもしれない。
今から、もっとハードでタフで、ファンキーでロックンロールな
会社に生まれ変わらせようと思います。

「農業の継承」に貢献するという本質だけは譲りません。
が、これまでなら着手しなかったことへの挑戦も始めます。

まもなく、新規事業にもチャレンジする予定。
本気でこの国の農業と食を守りたいと思うアツイ方、
僕たちと一緒に頑張りませんか。いや、頑張りましょう、ぜひ。

〈1号〉

Baby 何もかも

Baby 何もかも


暗い暗いこんな夜更けは あのぬくもりが欲しくなる
ハイウェイは雨の中 お前から遠くはなれて

長い長い旅のまにまに 濡らしてはまた消える
フロントガラスに打ちつける 雨の音を抱いている

見知らぬ夜に 泣いているのか 眠っているのか
離れていても お前のことは 全部知っておきたいのさ
何もかも Baby

悪い悪い風の噂に 惑わされたりしない
ハイウェイは雨の中 お前から遠くはなれて

見知らぬ夜に 泣いているのか 眠っているのか
離れていても お前のことは 全部知っておきたいのさ
何もかも Baby

何もかも Baby
どんな事でも 知りたい 知っておきたい
泣いた事 笑った事 辛かった事 楽しい事

Baby 何もかも Baby
どんな事でも 知りたい 知っておきたいんだ
泣いた事 笑った事 辛かった事 楽しい事

Baby 何もかも Baby
どんな事でも 知りたい 知っておきたい
泣いた事 笑った事 辛かった事 楽しい事も
Gotta gotta gotta 何もかも Baby

どんな事でも 知りたい 知っておきたいんだ
泣いた事 笑った事 辛かった事 楽しい事を
Gotta gotta gotta 何もかも Baby


忌野清志郎 「KING」より


〈1号〉

Page: 2/13  << >>

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Recommend

Search

Profile

Feed

Others

Sponsored Links

Mobile