<<  main  >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

田んぼの神さま
  

田んぼの神さまが、少し微笑んだ。


今年はじめて有機・無農薬栽培でチャレンジした稲作。

結果として、無農薬はおろか、無肥料・除草作業なしというトンデモ農業になってしまったにも関わらず、今回の挑戦は、自分たちでも驚くほどうまくいった。

春先、稲作へのトライを決めた際にギリギリ手に入ったモミが、アキツホというこれまた今となっては時代遅れの品種。これが奏功したのかどうかは分からないけど、おそらく通常比8割前後の収量は獲れたように思う。

そして何より、精米して出来上がったコメの美しいこと。
今回、わざわざ検査には出していないけど、この粒ぞろいや透明感からすると、なかなかの出来なんじゃないだろうか。

これをビギナーズラックと言わず、何と言おうか(笑)。

とはいえ、ただの放任農業にもあらず。

これは、早期湛水、培土へのこだわり、中苗〜成苗づくり、深水管理など、プロとして大規模な有機稲作を営む友人からのアドバイスを得て、また、先人の素晴らしい書物なども読み漁り、手抜きと放任栽培のギリギリの狭間で?、それなりに勉強した成果でもあると思う。

 

上は、除草作業なしの田んぼの全景。

ま、無農薬への転換1年目だからこそ成し得たラッキーでしょう。
きっと来年は雑草対策にタイヘンなのかもしれないな(笑)。


「イネ本来の生命力を引き出す」

結局は、これに尽きるのだと思う。
いや、間違いなく、これに尽きる。

イネは、主食作物の中でも大いなる可能性を秘めていると信じている。世界的な食料逼迫が叫ばれるいま、ダントツの少子高齢化で人口減少時代に突入するこの日本において、持続可能性のある稲作の実現は、文字どおり死活問題のはずだ。目の前にあやしい貿易協定モドキも迫っているしね。

今季の成果と課題、反省を活かし、来季はさらに挑戦したい。

いつでも、僕には大切な家族、仲間たちがいる。

 

【株式会社禾の人オフィシャルサイトはこちら】
スポンサーサイト
Comment








Trackback

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Recommend

Search

Profile

Feed

Others

Sponsored Links

Mobile