<<  main  >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

能勢町の農業振興について
 

人・農地プラン、農地利用集積円滑化、利用権設定、土地改良区、
農地保有合理化事業、集落営農、戸別所得補償・・・etc.

ふだん、農産物の流通系業務の際には、
これらのキーワードを口にすることは多くはありません。

しかし、農業の本質的な部分、とりわけ地域の農業振興施策に
関わらせていただく業務となると、使う言葉も異なってきます。

いま、大阪北摂の能勢町役場さんからのご依頼を受け、
当地域の農業振興策プランニングの業務に携わっています。

かつては外部の第三者として見ていた能勢町について、
現在は、あらゆる角度から、様々な可能性を検証しながら、
そして、時にマクロ・ミクロの視点も切り替えながら、
当事者そのもののつもりで深く深く調査と検討を進めています。

本当に、「農業振興」の仕事は奥深く、簡単ではありません。
しかしながら、「農地」「人材育成」「流通」を俯瞰できなくば、
真の意味で、農業活性化の仕事に関わっているとは言えません。

今日は、当地域の中核となる生産者の方々と意見交換でした。
いや、本当に奥深い。すべては現場にヒントがあるはずです。
また、差し障りのない範囲で続きをお知らせできると思います。


【株式会社禾の人オフィシャルサイトはこちら】
http://www.kanoto.co.jp/


スポンサーサイト
Comment








Trackback

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Recommend

Search

Profile

Feed

Others

Sponsored Links

Mobile